2021年07月17日

どうなる、どうする、飲食店(気になるニュースより)

皆様こんばんは。
毎度おなじみ店主です。

先日のニュースで異例の事態だと報じられておりましたが・・
「最低賃金史上最高の上げ幅」
これですね。
従来であれば労使が協議して決定という流れで決まっていたものが
今年は政権の意向を組んで、という政治介入で最高の上げ幅。
田舎の小さな飲食店的にも「なぜ今?」と驚いたニュースとなりました。

昨年からコロナで売り上げが落ち込み続けてきましたが
徳島アラートが解除になってこの6月からようやく人が動き出したかな、
という感じもありつつも、やはりお客様が来店されるからには消毒作業は必須。
パートさんへの出勤依頼もコロナ前の3割増しで人件費も増え。。。
コロナで何かあって後悔するぐらいならしっかりやっとかにゃ!!と
自身も毎夜毎夜仕込み作業後にランチョンマットの除菌洗浄でヘトヘトに、
飲食店ってホント難しいな!と(;´・ω・)

で、毎日テレビで見る目の死んだオジサンが「早期に最低賃金1000円を目指し・・」
と言っていたのが現実にそうなりつつあるという事で・・なんで?
と思い調べてみるとどうやら政策ブレーンのデービッドアトキンソン氏の
主張を入れてということらしく。

誰?(;^ω^)

御高名な方らしいですが存じ上げず失礼おば。
で東洋経済オンラインに記事が出ておりましたので拝見いたしました。
https://toyokeizai.net/articles/-/440446
まぁ結局90年代の非正規雇用増の失敗引きずって世界の成長から取り残された日本は
人口減少も相まって強制的に賃金引上げて企業の生産性を上げさせるしかないという事らしく。

細かい事言うと失政のツケかよとか会社規模考えてくれとかまぁ思うところはあるけれど、
それでもやはり飲食店も変わっていかねば早晩当店も閉店だなーというのは感じました。
食材は値上がりする一方(量の減るステルス値上げ含む)
気候変動で火災保険や地震保険そして老朽化で店舗修繕維持費も増える一方。
増税だらけで可処分所得が増えない中で商品価格を上げるにしても上げ続けられる訳もなく。
さらにスタッフ人件費は強制的に毎年3%づつ上がるとなると
店主の時給650円の維持も容易ではないので身を削りつつも返済は続くので
(個人的に好きでこんなスローフード的カレーを作っているので時給が低いのは当たり前ですが・苦笑)
赤字が続き、返済が滞ったり借金増・・するぐらいなら自ら決断し
閉店ガラガラ(;^ω^)ワオ!
という流れが予想できます。


回避することはできぬまでも延命するためにも
ひとまずできる効率化に着目し来週ちょっとアクションを起こす予定を入れました。
より作業効率を上げてピンポイントで時給を上げたスタッフさんに入ってもらいつつ。
しかしその先・・・
生産効率UPを継続続けるには機械化・自動化・セルフ化という流れなんですよね。。
個人店まで無人タブレット注文、無人決済・ネコ型配膳ロボ・・・
なんかこんな未来で良いのかな(汗)


まぁ悩んでいても仕方ないので動いてみますね!!
できるだけ皆さんにしっかり手をかけたカレーを提供していきたいと思いつつ
どこまでいけるかわかりませんが(;^ω^)
posted by カレーに夢中! at 22:04| Comment(0) | 日記